SCHOOL GUIDE教育理念

 

「あたたかい心をもった
歯科衛生士」を育成

MESSAGE

優しい心をもつ
歯科衛生士の育成を目指す
北原学院は、開校42年の歴史をもち、これまで約3,400名の卒業生を輩出しております。彼女たちは皆、歯科衛生士として全国の歯科医院や歯科医療機関で大いに活躍中。最近では親子2世代にわたり本校で学ぶ方々も増え、喜ばしく思っています。本校の教育理念は「あたたかい心をもった歯科衛生士」の育成。その言葉どおり、北原学院での学生生活は、単に技術習得の場だけではなく、学生一人ひとりの人間性を育む場であると考えております。学生と教員の深い信頼関係に根差した教育で、これからも優しい心をもつ歯科衛生士の育成を目指していきます。

理事長北原 喜一

略 歴:日本大学歯学部卒業/歯科医師・歯学博士/医療法人社団交心会理事長
編著書:『虫歯と歯ならび』『歯科衛生士のための矯正治療の手引』など

優しい心をもつ
歯科衛生士の育成を目指す

北原学院は、開校42年の歴史をもち、これまで約3,400名の卒業生を輩出しております。彼女たちは皆、歯科衛生士として全国の歯科医院や歯科医療機関で大いに活躍中。最近では親子2世代にわたり本校で学ぶ方々も増え、喜ばしく思っています。本校の教育理念は「あたたかい心をもった歯科衛生士」の育成。その言葉どおり、北原学院での学生生活は、単に技術習得の場だけではなく、学生一人ひとりの人間性を育む場であると考えております。学生と教員の深い信頼関係に根差した教育で、これからも優しい心をもつ歯科衛生士の育成を目指していきます。

基本に忠実に、実践は幅広く、仕事はまごころを持って
私たちは、目や耳の調子がほんの少しでもよくないと、とても気になってしまいます。一方で歯や口の具合は、普段気にも留めないことが多く、手遅れになって後悔する人が後を絶ちません。歯科衛生士は、専門的な知識と技術で少しだけ先回りをして、人々が気付く直前にその人の歯やお口の調子が悪くならないように「予防」する職業です。歯科医師や多くの専門職と連携して、歯の痛みの「治療」や、食べること・飲み込むことの「訓練」にも関わります。最近では、お口を「清潔」にすると肺炎が予防できることもわかってきました。目に見える社会貢献ができ、誇りが持てる。それが歯科衛生士の仕事なのです。北原学院で、基本に忠実に、実践は幅広く、仕事はまごころを持って取り組むことのできる歯科衛生士を目指しませんか?

校長那須 郁夫

略 歴:日本大学松戸歯学部卒業/歯学博士/日本大学松戸歯学部公衆予防歯科学講座 元教授/同附属歯科衛生専門学校 元校長/日本老年歯科医学会 元副理事長など
編著書:『口腔衛生学2020』『老年歯科医学』『口腔ケアハンドブック』など

国民が待ち望んでいる歯科衛生士を目指しましょう
少子・高齢化社会となり、医療機関の現場における予防処置・診療補助・保健指導に3業務はもちろんのこと、介護が必要な方々への指導や介助など、専門知識を持った歯科衛生士の活躍の場はさらに広がっております。歯科医師のみならず、医師・薬剤師・看護師・介護福祉士・ケアマネジャー・行政など他業種との連携も必要となります。本学で学び、深い知識と高度の技術を習得するとともに、心優しい思いやりのある歯科衛生士となり、患者様(国民)の健康に寄付しましょう。

校長角田 正健

略 歴:東京歯科大学卒業/東京歯科大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)/日本歯周病学会 名誉会員 専門医・指導医/日本歯科保存学会 名誉会員/日本口臭学会名誉会長 専門医・指導医監事