「歯科衛生士」は「歯科助手」と違って国家資格。どこに行っても一生働ける仕事です!

「歯科衛生士」と「歯科助手」の違い

歯科衛生士

国家資格が必要。専門職としての優れた知識や技術に基づき、患者さんの口腔に触れてさまざまな処置を施すことできます。

歯科助手

国家資格を持ちません。患者さんの口腔に触れることはできず、業務内容にも制限があるため、業務は器具の消毒などにとどまります。


歯科衛生士の3つの役割

  • 1歯科予防処置
  • 人々の歯や歯肉を病気から守る役割
  • 歯の汚れを取り除いたり、予防薬を塗るなどの処置を行います。むし歯や歯周病を予防してお口の健康を守るお手伝いをします。
  • 2歯科診療補助
  • 歯科医師のパートナーとしての役割
  • 診療時に歯科医師がスムーズに診療を行うためのサポートをします。歯の型を取り、歯科材料の取り扱い、器具の受け渡しを担当します。
  • 2歯科診療補助
  • 生涯を通じた健康を支援する役割
  • 歯やお口の中の健康を維持することは、全身の健康につながります。ライフステージに応じた歯の磨き方や、効果的な食生活習慣を患者さんに指導していきます。

当校の就職率は毎年100% 歯科衛生士という仕事の魅力

高い社会的評価と安定した収入

国家資格である歯科衛生士は、仕事の専門性や、国が認可した職業であることにより、社会的に高く評価されています。また、大学・大学院卒の20代女性の平均年収が約227万円※であるのに対し、歯科衛生士の平均年収は約353万円※と、待遇面でも優遇される傾向にあります。人々の健康を守るという大きな社会的意義と、安定した収入を得られることは、仕事に対するやりがいにもつながります。 ※厚生労働省 平成27年「貸金構造基本統計調査(全国)」より

多様な活躍の場

歯科衛生士の就職先は、歯科医院だけとは限りません。医薬品メーカーや一般企業の歯科診療室など、活躍の場は多岐にわたります。そのため、出産や育児後の再就職もしやすいという魅力があります。

歯科診療所
企業内歯科診察室
総合病院や歯科口腔内科をもつ病院
医薬品メーカー
保健所・市区町村保健センター
介護施設・訪問診療
歯科衛生士養成学校(教員)